あなたの睡眠をモニタリング!「Withings Sleep」で睡眠を採点しよう!

Withings Sleep

ヒトは1日の1/4、約6時間ほど寝ています。

仮に80年生きるとすると20年間寝て過ごすことになります。その寝ている20年間の過ごし方が起きている60年間に大きく影響を与えます。

睡眠の質が高ければ、あらゆる面でプラスに働きます。疲労からの回復し、翌日に備えることができます。そして、睡眠の重要な役割のひとつである記憶の整理整頓などを効果的に行うことができます。

逆に睡眠の質が低ければ、その効果は全く得られず、むしろマイナスに働いてしまいます。浅い睡眠で疲れが取れない。いびきや無呼吸症候群で十分に呼吸ができず、結果血流も悪くなります。また浅い睡眠や呼吸、意識のレベル調整に脳のリソースが取られ、記憶の整理整頓に脳が取りかかれなくなってしまいます。

睡眠の質はあなたの人生に大きく影響を与える重要なものなのです。

…でも、睡眠の質ってどうやって確認すればいいのでしょうか?自分の睡眠が質の高いものなのか、低いものなのかなんて自覚症状がないのでわかりません。

自分の睡眠の質を知りたい!そんな要望に応えてくれるのが、今回紹介する「Withings Sleep」なのです。

Withings Sleepとは

Withings Sleepはフランスのスタートアップ・ベンチャー企業であるWithingsが開発したIoT睡眠トラッカーです。

Withingsは、2008年パリの郊外のイッシー・レ・ムリノーでIoT関連開発企業として設立されました。

その後2016年、世界的通信会社Nokiaに買収され、その傘下に組み込まれました。

Withings Sleepはインターネット接続を前提としたIoTデバイスであり、あなたの睡眠を細かく記録、睡眠サイクル分析、睡眠の質、心拍数の追跡を行います。それら総合的な情報をもとにあなたの睡眠の問題点などを分析、睡眠の質をより高めるための施策を提案してくれます。

導入は非常に簡単。Withings Sleepをベッドや布団の下に敷くだけです。あなたがベッドに入るとそれを検知し、自動でトラッキングを始めます。

また睡眠の情報を取得するだけでなくIoTデバイスとしての特徴を活かし、IFTTTの指示を出すこともできます。

例えば、あなたがベッドに入ったことを確認。インターネットを通じて自動で電気を消したり、空調を使って温度設定をしてくれたりします。

以前紹介した睡眠サポート機器Dodowと組み合わせれば、布団に入った瞬間に自動でDodowを起動させることも出来ます。質の高い眠りをDodowで実現させ、それを記録する。なんてことも可能になります。

Withings Sleepの購入はこちらから

Withings Sleepの誕生の背景

WithingsはIoTガジェットの開発企業。なかでもヘルスケア商品に強い会社です。

Withingsの最初の製品は世界初のIoT体重計でした。測った体重をインターネットを通じて自動で記録。アプリを通じて自動で体重管理ができるようにしたのがWithingsなのです。

その後、さまざまなヘルスケア商品を開発していますが、健康においても非常に重要な睡眠について目をつけ開発したのがこのWithings Sleepなのです。

Withings Sleepの魅力

Withings Sleepの魅力。それはまず第一に睡眠トラッカーという機能性につきます。そして、設置の簡易さやIFTTTにつなぐことができる拡張性も魅力的です。

Withings Sleepの睡眠トラッカーとしての機能性

Withings Sleepは寝ている間、以下の情報を収集します。

  • 睡眠時間、睡眠開始および起床時間
  • 睡眠サイクル:深い、浅い、レム段階
  • 連続心拍数と平均心拍数
  • いびき時間
  • 睡眠質スコア

40万人以上からのデータを研究・分析し、あなたの睡眠の質を点数化。改善すべき点などをあなたに教えてくれます。

睡眠が健康においていかに重要かというは論を俟たないですが、質の良い睡眠をどうやって取るのか、というのは長年の課題でした。その課題を解決してくれるのがこのWithings Sleepなのです。

Withings Sleepの簡易さや拡張性

魅力の最も重要なのは上にあげた機能性です。簡易さや拡張性はWithings Sleepの魅力をサポートしてくれる部分ですね。

Withings Sleepはその利用の簡易さに驚きます。ベッドサイドのコンセントにつなぎ、ベッドや布団の下に入れるだけ。電源を入れたり、アプリを起動したりする必要はありません。こんなに操作が簡単なガジェットは他にはありませんね。

また睡眠トラッカーの昨日だけで十分なのにIFTTTガジェットとしての側面も持っています。

IFTTTとは?
IFTTTはIf this then thatの略語。「もしこれならこう」という意味です。

・布団に人がはいったら、電気を消す。

・布団に人がはいったら、空調をつけて室温を26度にする。

という指示を出せるようになります。

Withings Sleepの口コミ・評価

Amazon Launchpadでは3.6/5の評価です。全てをデータ化してくれる利便性が評価されています。また他社商品がとても高額であることと比較して、安価でコストパフォーマンスが良いことも評価につながっているようです。

けっこう寝ているのにどうも日中眠い。そこで、知り合いがいいよと言うので購入してみた。設置の際、ベッドのマットが分厚いので、ほんとにこれで細かく感知できるのか不安だったけど、ベッドに横になって読書している時間は睡眠にカウントしてないし、睡眠中の心拍数まで正確に出る。どうやって感知してるのか、まるで魔法です。自分では7時間寝ていると思ったのに、30分置きくらいに「浅い眠り」、「深い眠り」、「とても浅い眠り」を繰り返してるのもよくわかった。深い眠りはたったの1時間半、浅いのも含めて睡眠にカウントされたのは5時間半だった。夜中に一度トイレに起きたからなあ。要は睡眠の質が最悪。運動してみたり、寝酒をしたり、睡眠の質をよくする工夫をしなくちゃと自覚できた。

浅い眠り・深い眠りだけでなく何時にどれくらいいびきをかいていたか、など詳しくわかり少しショックでしたが毎日朝起きてチェックしながら一喜一憂しています。ベッドのマットの下に引いていますが、全く使用感も無くウェアラブル端末のように腕に着ける必要もなく忘れず毎日計測できるのでアプリで自分のパターンをみて今後効率的な睡眠ができるように分析していこうと思っています。海外メーカーだからなのか、アプリの日本語表記に少し違和感を感じることもあり、そこは今後の修正アップデートを期待しますが、操作や画面はとてもわかりやすく見やすいです。

Withings Sleepのプロモーションビデオ

Withings Sleepを購入する

Withings Sleepの購入はこちらから
Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonでの買い物は、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)して
購入するのがおすすめです。

チャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります。
普通にお買い物するよりお得に買い物ができます。

Amazonギフト券を購入する ▶︎▶︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です