「バタフライボード」分解・持ち運び・連結できるホワイトボード手帳!

ノートパソコンやMac、iPadなど様々な持ち運びできるパソコンやデバイスが登場してきていますが、私はまだまだ紙やホワイトボード、黒板などのアナログなものに頼ることも多いです。

どういったときにアナログなものを使うのか。

アイディアを羅列するときだったり、書き出したものの位置関係が重要だったり、人に説明するときなどです。

世の中に存在するソフトウェアはある程度制限があるものです。その点、紙やホワイトボード、黒板にものを書くのもとても直感的で開放的で、制限が少ないと言えるでしょう。

そんなアナログの良さを最大限に活かしつつ、デジタルの良さも取り入れた新しいガジェット、それが携帯式ホワイトボードガジェット「バタフライボード」なのです。

バタフライボードの購入はこちらから

バタフライボード2
Amazon Launchpadで
購入する

バタフライボードとは

バタフライボードをわかりやすく説明すると「分割して持ち運びができるホワイトボード」です。

ホワイトボードの特徴は様々な用途で使われる便利なものですが、大きくかさばるため、携行するものではありませんでした。その不便さを解消するために分割して持ち運びができるように開発されたのがバタフライボードです。

バタフライボードの誕生の背景

バタフライボード株式会社は神奈川県横浜市青葉区美しが丘5-29-48にあるスタートアップ・ベンチャー企業で代表取締役は福島英彦氏です。

かつて音響メーカーでスピーカーの制作に携わっていました。その後、海外の音響メーカーに転職。日本人だけでなく、外国人とのコミュニケーションを重ねていった結果、コミュニケーションツールとしてのホワイトボードの課題に気づき、バタフライボードの開発へと繋がっていきました。

クラウドファンディングサイトのMakuakeで資金調達を実施。目標金額30万円のところ、1484万円を調達。その達成率なんと4946%にも達しました。もはやパーセンテージの数字ではありません。

さらに海外へ進出をかけてアメリカのクラウドファンディングサイト、Indiegogoで約4万ドル(400万円)の資金調達にも成功。製品化を進め、Amazon Launchpadでも販売を開始。

スタートアップのアイデア豊かな商品を取り扱うAmazon LaunchpadのAmazonランキング大賞2018(2017年11月から2018年10月いっぱいまでの期間)で堂々の第2位につけるほど順調に販売されています。

バタフライボードの魅力

数多くの人たちが惹かれるバタフライボードの魅力は携帯性&拡張性、そして保存性です。

バタフライボードの携帯性と拡張性

バタフライボードはA4サイズとA5サイズの2つのサイズがあります。ノートのようにバインディングされたA4やA5サイズの小分けされたホワイトボードはそのままノートのように使うこともできますし、それぞれを繋げて一般的なホワイトボードのように大きく書き出すことも可能です。

その利用方法の自由さは携帯することによって、さらに広がっていきます。

バタフライボードの保存性

低反射クリアボードなので、光の反射が少なくスマホのカメラで撮影することが可能です。いわゆる一般的なホワイトボードは光の反射が強く、撮影する角度などを気にしないといけませんでしたが、バタフライボードならその心配は不要です。

またスキャンアプリや共有アプリを使えば、撮影したホワイトボードを手軽に簡単に共有することが可能です。

バタフライボードの口コミ・評価

Amazon Launchpadでは4.1/5の高評価です。学生から会社員まで様々な用途で使っている人が多いのでレビューも多岐にわたっています。オリジナルのペンが次第に消えにくくなるのは改善の余地がありそうです。

いろんな使い方ができて楽しいです。
1枚だけ職場に持っていきメモ代わりに使ってます。
ただし、他の方も仰ってますが付属のペンは時間が経つとかなり消しづらくなります。
私はコクヨのイレーザー付きマーカーに変えました

最高です。twitterでみて、公式サイトで買うか、amazon入荷を待つかで悩んでましたが、結局amazon入荷があったのでA5を買いました。普段A5のノートをアイデアノート、説明の時の落書きノートにしてましたが、これを買って色々と整理できてます。ノートカバーも同時に買って、これと普通のノートを抱き合わせて持ち運んでいます。

仕事がら工場へ入るのですが、もらった図面に書き込むことなく使えます。
その場で、お客さんとレイアウトをマーカーで書き直したりできるので、タブレットより便利に使えます。
こういうアイテムを持っていると、お客さんとの話もスムーズに進むので、性能以上の効果がありました。
同業の仲間にもプレゼントで送ると驚かれます。

勉強のためのなぐり書き用ノート代わりとしてA4サイズを購入しました。薄くて軽くて持ち運びも便利です。付属しているペンも他社のものと比較して臭いが控えめですし、ペンの持ち手部分が細くて筆箱に入れてもかさばりません。
イレーサーとして布が付属していますが、それよりもキッチンペーパーを丸めたものを使う方が使いやすいです。ティッシュだと粉が少し散るので表面が凸凹したキッチンペーパーはおすすめです。1日の終わりにはアルコールティッシュで拭くとものすごく綺麗な状態に戻ります。
とにかく理想通りの商品で本当にいい買い物ができたなぁ、と思います(^^)
公式サイトでペンの購入ができるのですが、カラーペンの単体売りもしてほしいです。(個人的には緑色のペンもあると嬉しい)あとは、ペンのインクの残量がわかりやすいともっといいかな、と思います。

バタフライボードのプロモーションビデオ

バタフライボード2を購入する

バタフライボードの購入はこちらから

バタフライボード2
Amazon Launchpadで
購入する

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonでの買い物は、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)して
購入するのがおすすめです。

チャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります。
普通にお買い物するよりお得に買い物ができます。

Amazonギフト券を購入する ▶︎▶︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です