すぐに眠れる&不眠症も解消!「Dodow」最強の睡眠サポートガジェット

Dodow

翌朝に予定があるので、早く寝ようと思って布団に入ってもなかなか寝付けないことがよくあります。

早く寝たいから布団に入ったのに、なかなか眠気が訪れずゴロゴロ。考え事を始めつつダラダラ。結局いつも寝る時間より遅くなってから眠気が訪れ、ようやく寝たと思ったらもう起床時間なんてことも。

また充実した1日の後もなかなか寝付けないことも。充実感によって交感神経が刺激され、アドレナリンが出ています。そうすると興奮状態にあるので、睡眠を迎えるのとは真逆の状態。そうすると身体や脳内環境が睡眠に適した状態になるまで、身体や脳を落ち着かせなくてはいけません。

睡眠が身体に与える影響はとても大きいです。特に寝つきが悪い人や不眠症の人は体力の回復をはかるための睡眠が十分に得られず、いつも疲れやすく、疲れ気味になってしまいます。

私自身もそうで、いつでもどこでも眠ることができる「のび太くん」に憧れました。

今回紹介するガジェットは不眠症と夜型人間と夢想家が開発した睡眠サポートガジェット。なんとガジェットを利用すると8分から20分で眠りにつけるという最強の睡眠サポートガジェット、それが「Dodow」です!

Dodowの購入はこちらから

Dodowとは

Dodowはフランスのパリで2014年に創立されたヘルスケア関係のスタートアップ・ベンチャー企業Livlabが開発しました。

パリのど真ん中、エッフェル塔が最も美しく見える対岸のシャイヨー宮殿から歩いて5分程度。アルマ橋のたもとのオフィスはあります。

優雅で素敵な印象があるパリの街ですが、その裏では多くのアーティストやデザイナーなどがしのぎを削る街です。確かに芸術家肌の人たちが不眠症に悩まされるのも想像にかたくありませんね。

Dodowはそんな不眠症の人たちをサポートするために作られた新しいガジェットです。ガジェットはとてもシンプルで一定のリズムで光を屋根に照射します。ユーザーはその光のリズムに合わせて、呼吸を整えるだけ。

Dodowは優しい光に集中させることにより考え事から離れ、眠りに適した呼吸のリズム感を整えさせます。

非常にシンプルな働きですが、その裏には徹底した医学的・科学的裏付けがあるのです。

Dodowの誕生の背景

Livlabの創業者の一人でDodowの開発者でもあるAlex氏はもともと不眠症。ヨガの瞑想を何年間も続け、不眠症を解消しました。その経験からヨガの瞑想に着目。ヨガの瞑想を用いて、より簡単に多くの人の不眠症を解消できないかと考えて開発したのがこのDodowなのです。

Alex氏はその後家具やランプのメーカーUniluxで働いているPierreやL’Orealで健康用品を開発していたGui、スタンフォード大学でエンジニアを学んでいたGregをスカウトして、Dodowを開発。今では世界中で6万人以上の人が利用しています。

Dodowの魅力

Dodowの魅力は医学的・科学的に裏付けられた睡眠サポートの有効性です。可愛らしいデザインももちろん素敵なところなのですが、Dodowの全ての魅力はこの睡眠サポートという機能に尽きるでしょう。

Dodowの有効性

ここではDodowがなぜ睡眠導入に有効的なのか、もう少し掘り下げて紹介していきたいと思います。

Dodoeは3つの組み合わせで睡眠を助けます。

  • メディテーション(呼吸への意識)
  • ヨガ(ゆっくりとした呼吸と腹式呼吸の意識)
  • 認知行動療法(逆説思考)

メディテーションやヨガに関しては1970年代から研究が重ねられています。世俗的な悩みや考えから離れ、呼吸に集中することで身体や心を落ち着かせる。スピリチュアルな精神的なもののように見受けられるかもしれませんが、落ち着いてゆっくり呼吸することは医学的・科学的にリラックスを生むことが証明されています。

なお、多少個人差がありますが1分あたり呼吸6回が最適だとされています。またその呼吸に関してもヨガ的な観点や医学的な観点から息を吸う時間が40%、息を吐く時間が60%に設定。

Dodowの機能の一つ、光に集中させるのは余計な考えを頭から追い出す役割と逆説思考を与える効果があります。

集中するということは他の考えを頭から追い出す役割があります。坐禅を組んでいる時も呼吸の回数だけを考えるとか、雨の音だけに集中するように指示されます。それがいわゆる雑念を払うということです。

日々の悩みや今抱えている苦労について考えたり、人間関係の難しさに考えを馳せるとストレスを感じ交感神経が刺激され、落ち着かない気持ちになります。これはまさに不眠症の人の症状なのです。そこから離れるためにも単純なものに集中することは効果的です。Dodowはそれを光のメトロノームにしたわけなのです。

逆説思考とは心理学的な効果を与える思考法です。これはいたって簡単な話で、寝なきゃ寝なきゃと思っている人は強迫観念を受け、眠れなくなってしまうので、起きろ起きろと強迫観念を与えることで眠りにつけさせる考え方です。

眠るまでこの光に集中して呼吸を整えてください。というのは呼吸を整えるまで眠ってはいけないという強制を与え、眠らなくてはいけないという強迫観念から逃げることができます。

Dodowの医学的・科学的、そしてヨガ的な理論を紹介しました。これらすべての機能があわさっているから、Dodowは最強の睡眠サポートガジェットなのです。その一部でもお伝えできれば幸いです。

Dodowの口コミ・評価

Amazon Launchpadでは3.5/5の評価です。光のリズムに集中することで考え事をせず、頭をからっぽにできると高評価です。睡眠導入剤に頼っていたのが不要になったという声も多く見受けられました。

パニック障害、軽度のうつ病患者です。
睡眠薬も服用していますが、夜眠れなくて困っており、レビュー等を見て購入しました。
初めの2日ほどはあまり効果を感じられませんでしたが、3日目からはスーッと眠りにつけるように。
青い光の強弱に合わせて呼吸をするのですが、それも出来ない(落ち着かない)時は光を眺めるだけにしています。
以前は眠れないとき、いろいろ考えてしまうのをやめるためにスマホを見たりして、なおさら目が覚めてしまっていましたが、光をなんとなーく見つめてるだけで、そちらに集中が行くのか、気がつくと眠くなっている、という感じです。
まだ睡眠薬は減らせていませんが、これがあるのと無いのとでは寝付きの速さが違うと思います。
少しお値段は張りますが、試してみる価値はあると思います。

明転・暗転のスピードやリズムは機械的な一定のものではなく少しずつ変化を付けてくれます。
これに委ねる気持ちで(マニュアルでいうところの)エクササイズを実践すると、驚くほどの早さで瞼が重くなってきました。
何回目かの暗転とともに自然と目が閉じられて、自分の呼吸が実にゆっくりになっていることに気付きます。
きっとこの製品が無くてもノウハウさえ知ればこの製品で実現しようとすることは出来るのだと思います。
しかしやっぱり「手助け」があるとそれがとても早く簡単になりますし、この製品のお値段はその対価だと思います。
何人かのレビュアーさんは効果が感じられなかったようですが、ベッドに入ってから数時間眠れないor一睡も出来ずに朝を迎えてしまうことが多かった自分には福音となる製品でした。

今までになかった新しいデバイスを発見。そこまで高価でもないのでとりあえず購入。説明書通りの手順で使用すると不思議なことに仕様の8分で眠りに落ちることが多くて驚いた。どうも光の輪に呼吸を合わせているうちに目がだんだん開けられなくなってくる形で気づいたら寝てしまっているようだ。
電源に当たる本体上部のタッチに対する感度が少し微妙だが気になるほどではない。夜眠りづらいという人は試してみてもよい一品ではないだろうか。

兄にDodowをもらったのですが、正直なところ、最初はかなり疑っていました。不眠症と戦うためにすでにいろいろなものを試していたので、ただの青い光で眠れるようになるとは思っていませんでした。エクササイズになれたり、呼吸を意識したりするのには少し時間がかかりましたが、一度ちゃんとできるようになれば…すごく眠くなります!なんて良く身体が休まるのでしょう!唯一問題なのは、私の寝室の天井が高過ぎて、光が思っていたよりもぼやけてしまうことです。でも、エクササイズはなんとかできました。

Dodowのプロモーションビデオ

Dodowを購入する

Dodowの購入はこちらから
Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonでの買い物は、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)して
購入するのがおすすめです。

チャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります。
普通にお買い物するよりお得に買い物ができます。

Amazonギフト券を購入する ▶︎▶︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です