可愛いドットが素敵!リビングに欲しいオシャレなIoT置き時計「LaMetric Time」

イマドキ時間を確認するのはスマホ。家に置き時計がない人も多いのではないでしょうか。今回はそんな時代に逆行した置き時計型IoTガジェットを紹介します。その名も「LaMetric Time」!

LaMetric Timeとは

ウクライナ生まれのスタートアップ、LaMetricという会社による置き時計型IoTガジェット。それがLaMetric Timeです。

彼らは2013年から開発をはじめ、2014年にキックスターターで資金調達を計画。なんとたったの45日間で370,000ドル(約4000万円)の調達に成功し、製品の完成させました。

その後も、常に改良を加え続け、IFTTTなどに対応。自分でアプリを作成し、利用することもできる万能IoT置き時計です。

今回はそんな置き時計型IoTガジェット「LaMetric Time」をご紹介します!

La Metric Timeの購入はこちらから

LaMetric Timeの誕生の背景

このガジェットの名前の由来であるMetricはデータの結果集計や統計という意味です。

ソフトウェア会社で働いていたNazar Bilous、Dmytro Baryskyy、Igor Kishchakの3人はアプリのランキング、ダウンロード数やウェブサイトの統計などのデータをより簡単に効率的に集計する方法を探していました。

Nazar Bilous Dmytro Baryskyy Igor Kishchak

(左からNazar、Dmytro、Igor)

ないなら作ってしまおう!ということで開発されたのがLaMetric Timeです。インターネットに接続されたIoTデバイスで、指示を与えておけば、自動的にデータを収集、結果をモニターに映し出してくれます。

こう聞くと小難しいように思えるかもしれませんが、例を挙げるとわかりやすいかもしれません。

とても身近な例ですと、天気予報が挙げられます。

あらかじめ天気予報サイトからデータを収集するように指示しておくとLaMetric Timeが自分でデータを回収、モニターに天気予報を表示してくれます。

LaMetric Timeの魅力

LaMetric Timeの魅力はデザイン性とカスタマイズ性です。

LaMetric Timeのデザイン性

LaMetric Time Design

ガジェットそのものはとてもシンプルなデザインです。マットな黒一色。そして、ボタンは3つだけ。そして、モニターはかわいらしいドットで表示されます。

LaMetric Time button

このすっきりとした素敵デザインなら自宅のリビングや寝室に置いておくとオシャレな雰囲気を演出してくれますね。

LaMetric Timeのカスタマイズ性

LaMetric Time customize

LaMetric Timeはニュースや天気、ツイートなど様々な情報を収集、そして表示させることができます。それだけでなくIFTTT(If this then that)の設定もできるので活用方法は無限大です。

お気に入りのインターネットラジオ局を目覚ましに使用、Bluetooth経由で音楽をステレオスピーカーにストリーム再生。なんていうことも可能です。

LaMetric Timeの口コミ・評価

Amazon Launchpadでは4.7/5の高評価です。

とても面白い商品です。
アプリも多くIFTTTとの連携もできます。IFTTTのトリガーとしても使用できるので、各種Iot家電との連携をして楽しめます。

 

ずっとこういう物を探してました。
現在はTVの脇に置いていますが、TVを見ていたりゲームをして居る時にメールの着信やTwitterの通知、天気予報の更新などがあった際にいちいちスマートフォンやタブレットを手に取って確認する必要がなくなり便利だと感じます。

 

LaMetric Timeを購入する。

La Metric Timeの購入はこちらから

 

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonでの買い物は、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)して
購入するのがおすすめです。

チャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります。
普通にお買い物するよりお得に買い物ができます。

Amazonギフト券を購入する ▶︎▶︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です